« ドアの防犯 その2 | トップページ | 車両ロック装置発明の経緯 その12 »

2007年4月 3日 (火)

車両ロック装置発明の経緯 その11

で、アドバイザーの人と待ち合わせてその異業種交流会へ。

あ、異業種交流会っていうのは、いろんな業種の社長さんがあつまっている会でした。ま、字のままですが。

ビルの最上階にあるそこは、いろんな商品のポスターや資料が満載の部屋で、代表の方と面談しました。

一通り商品説明すると、ここでも気に入ってもらえて、過去の開発事例からこれからの展開について話が進む。で、ドアロックの方と合わせて(すでにこちらも特許申請済みでした)こちらのホームページに載せていただき、知り合いの製造業の方からマッチングを進める事になりました。

知り合いの新聞社の人にも、その場で連絡してもらえて、これが、すぐ取材してもらえました。

数日後、記事はB-5程度の大きさで試作模型の写真とともに掲載されました。

これが、新しい展開を生む事に。

つづく

|

« ドアの防犯 その2 | トップページ | 車両ロック装置発明の経緯 その12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/291030/5956354

この記事へのトラックバック一覧です: 車両ロック装置発明の経緯 その11:

« ドアの防犯 その2 | トップページ | 車両ロック装置発明の経緯 その12 »